今まで、誰も教えてくれなかった インテリアデザインのノウハウ

< 第5章 インテリアデザイン・施工編 > 6


◆施工知識は大工さんから 1



施工でわからなかったり、困ったことがあったらいい方法があります。

それは、現場の大工さんと仲良くなること。あなたと気の合う大工さんでいいのです。
その人が、大工の棟梁であれば、なおさら結構。

なぜかって?

大工さんは現場のことに精通している人が多いからです。
大工さんは、木材をいろいろ加工しながら、仕事をしています。


壁がなかったら、手すりは付けられません。
床が出来ていなかったら、フローリングは貼れません。
屋根組みが出来ていなかったら、天井作れません。


つまり、大工さんの仕事は、他の仕事と全てといっていいほど、関連があります。
他の仕事がうまくいっていないと、大工さんの仕事に影響が出てきます。

だから、必然的に大工さん以外の仕事にも、詳しい人が多いんです。

「大工さんの仕事じゃないのに、何でそこまで知ってんの?」と、

思う事がたびたびあります。

わたしが長年お付き合いしている、工務店の大工さんの棟梁も、その一人。
わたしが若い頃には、ずいぶんお世話になったものです。

最近、たびたび現場で会うようになってからは、


「あっ。また会いましたね。今度もよろしくお願いします。」
「こちらこそ。」
「ところで、図面のあそこのところ、うまく出来ますかね?」
「大丈夫、任せておいて!」


なんて、あいさつをかわすようになっています。

この大工さん、現場のことに関しては、メチャメチャ詳しい。
わたしが本で勉強したって、全然たちうちできません。いつも教えてもらうばっかり。

でも、ただ教えてもらうだけの一方通行はだめなんです。

大工さんだって、プライドあります。つまらない事聞いたら、


「そんな事、自分で調べて来い!」
「自分でデザインしてんだから、もっと勉強しなくっちゃ。」


なんて言われちゃいます。
教えてもらうには、コツがあるんです。




→ 次へ

インテリアデザイン講座
HOME
インテリアデザイン講座目次
 第1章 目次
 第2章 目次
 第3章 目次
 第4章 目次
 第5章 目次


第5章→  インテリアデザインは現場が命施工経験のすすめ|施工知識は大工さんから

インテリアデザイン講座目次序章第1章第2章第3章第4章第5章あとがき
HOME作品紹介リンクについてサイトマップこのサイトについて

−Copyrights(c)2005 インテリアデザイン講座 All Rights Reserved−