今まで、誰も教えてくれなかった インテリアデザインのノウハウ

< 第5章 インテリアデザイン・施工編 > 2


◆インテリアデザインは現場が命! 1



わたし達がデザインをする目的は、いいインテリアを実際に作り出す事です。
そして、クライアントにも、来店されるお客様にも喜んでもらう事です。

CADで、たくさん図面を書いたり、きれいなパース(完成予想図)を
作ることでもありません。

全ては、アイデアをデザインに生かし、インテリアとして、完成させることです。
実際に目に見える形にすることです。

実際にインテリアが出来上がっていく過程を、
チェックするのは、ぜひとも必要なことです。

自分がデザインしたにもかかわらず、実施図面を書き終えたら、
現場にはほとんど足を運ばない人がいますが、ちょっと残念ですね。

必ず工事現場に出かけて、あなたがイメージしてデザインしたものと、
出来上がってくる現場を比較してみることです。
もちろん、完成した時だけでなく、施工途中をチェックしておく事も必要です。

実際に現場を見ながら、


「ああ、この通路は、もう少し広くしておけばよかった。」
「客席は、もっと増やしてもよかったなあ。」
「もう少し照明を工夫して、落ち着いた雰囲気を出したかった。」

とか、

「ここのスペースは、イメージ通りにできな。よしよし。」
「床の質感は、なかなか、いい感じ。次のデザインでも使ってみよう。」


などなど。

必ず、反省点があったり、イメージ通りうまくできた所が感じられるはずです。

最初は、あなたが、デザインしたものに対して、


あなた自身の感想を持つことが絶対必要です。


あなたが、デザインしたのですから、あなたが感じたままでいいんです。

その次に、他人の評価(クライアントや先輩)を冷静になって、素直になって聞いてみる。
そして、うなずける部分は、素直に反省する。

特に、クライアントからの意見は、今後の貴重な反省材料ですから、
よく理解しておく必要があります。

他人からの意見でも、あなたが納得できるのであれば、反省材料として、
素直に受け入れることです。


でも、一番、大切なのは、

あなたが、


「もっと、こうすればよかった。」
「自分のイメージどうりのデザインになった。」


そう思えるところを、今後のデザインに生かすことです。





→ 次へ

インテリアデザイン講座
HOME
インテリアデザイン講座目次
 第1章 目次
 第2章 目次
 第3章 目次
 第4章 目次
 第5章 目次


第5章→  インテリアデザインは現場が命|施工経験のすすめ施工知識は大工さんから

インテリアデザイン講座目次序章第1章第2章第3章第4章第5章あとがき
HOME作品紹介リンクについてサイトマップこのサイトについて

−Copyrights(c)2005 インテリアデザイン講座 All Rights Reserved−