今まで、誰も教えてくれなかった インテリアデザインのノウハウ

< 第4章 インテリアデザイン・プレゼンテーション編 > 10


◆店舗作りが経験豊富なクライアント 1



最後に「店舗作りが経験豊富なクライアント」の場合です。

このタイプのクライアントは、今まで多くの店舗を出店していますので、
店作りに対するコンセプトがしっかりしているのが普通です。

ですから、最初の打ち合わせでは、どんな、お店を望んでおれるのか、
だいたい見通しがつくと思います。
まずは、コンセプトで“ブレ”ない店作りを心がける事を優先しましょう。

また、店舗の具体的なデザインについても、ほぼ決まったデザインが1つか2つあり、
同じデザインの店舗を、出店する場合が多いものです。


つまり、マニュアルに沿ったデザインか、以前のお店の図面を参考にして、
同一のデザインのお店を作ればいいのです。
デザインは、特別考えなくてもいいのですから簡単です。

いやいや、ちょっと待ってください。

本当にそれでいいのでしょうか?
あなたは、どう思います?

わたしは、すごく疑問に思います。

確かに、従来のデザイン通りにお店を作れば、
クライアントからデザインに関するクレームが出てくる事もありません。

実施図面を書くにあたっても、効率的に短時間で仕上がるかもしれません。
平面プランを1度決めてしまえば、プレゼも必要なくなるかもしれません。

しかし、はたして、これで良いのでしょうか?

これでは、あなたがデザインする意味ありませんよね。誰がやっても同じ事です。
そんな仕事つまらなくありませんか?

はたして、やりがいがあるでしょうか?

わたしだったら、やりたくありません。

少しでもいいから、自分なりのオリジナリティーを、従来のデザインの中に
盛り込みたいと思います。
今までとは違ったデザインで、お店作りに参加したいと思います。

これって、わがままでしょうか?

デザイナーとして、ごく普通の感覚ですよね。

クライアントからすれば、従来のデザインであれば、お店のインテリアの
出来ばえを気にする必要もなく、マーケティングや開店準備に専念できます。
デザイナーには余計な事をしてほしくないと思うかもしれません。

たとえ、私達デザイナーが新しく別のデザインを、プレゼしても


「今までの我社の、店舗と同じデザインでいいよ。」


と、却下されるかもしれません。

せっかくプレゼしても、まったく無駄になるかもしれません。
しかし、ここで、あきらめてはいけませんよ。

一度でダメなら、もう一度。
二度やってダメなら、改めてもう一度、プレゼしてみてください。ネバリ強く。




→ 次へ

インテリアデザイン講座
HOME
インテリアデザイン講座目次
 第1章 目次
 第2章 目次
 第3章 目次
 第4章 目次
 第5章 目次


第4章→  クライアントのタイプを見きわめよう初めてのクライアント手探り段階のクライアント|経験豊富なクライアント
クライアントには考えさせるな企画型のプレゼンテーション

インテリアデザイン講座目次序章第1章第2章第3章第4章第5章あとがき
HOME作品紹介リンクについてサイトマップこのサイトについて

−Copyrights(c)2005 インテリアデザイン講座 All Rights Reserved−