今まで、誰も教えてくれなかった インテリアデザインのノウハウ

< 第4章 インテリアデザイン・プレゼンテーション編 > 6


◆店舗作りが手探り段階のクライアント 1



次は、「店舗作りが手探り段階のクライアント」の場合です。

このタイプのクライアントは、店舗作りが始めてのクライアントと違って、
それまでに、いくつかの店舗を出店した経験のあるクライアントを指します。

それまでの出店の経験から、予算やお店が出来るまでのいろんな問題についての、
疑問や不安も大体解消されています。

しかし、お店のインテリアデザインについては、まだまだ、試行錯誤の状態。
一体どんなデザインがいいのか、まだ明確な方針が定まっていない事が多いものです。

実は、このようなクライアントに対してのプレゼンテーション(以下、プレゼと表記)が、
一番難しいのです。
わたしの今までの体験から、よく考えて、プレゼする必要がある事に気が付きました。



これについて、以前お付き合いのあったクライアントに対する、
プレゼの例が参考になると思います。

それは、ある大企業からの、飲食店のデザイン依頼がきっかけでした。
(企業名を出すのは、ちょっと問題がありますので、お許し下さい。)

今、思い出しても、熱が出てきそうな体験でした。

とにかく、何度プレゼしても、全然デザインにOKが出ないのです。
確か、全部で7〜8回だったのを憶えています。

プレゼするたびに、いろいろ要望が出てきました。
そのたびに、要望に沿って変更する。

ごく一般的な飲食店(床面積が30〜60坪程度)の場合は、
クライアントとの最初の打ち合わせから、約1ヶ月〜1ヶ月半ぐらいで、
デザインの決定から図面の完成まで終了します。

もう少し、時間がかかっても、せいぜい2ヶ月ぐらいです。
わたしも最初は、そのつもりでいました。

ところが、この時は、たび重なるデザインの修正で図面の完成まで、まるまる4ヶ月半。

その当時は、今みたいにCADなんて便利なものはありませんでした。
全ての図面は手書き。

書いては修正。
また、書いては修正の毎日。図面が完成する頃は、図面のあちこちに、
穴があいてしまいました。

(普通、図面の修正で、あちこち、穴があくような事はありません!)

クライアントの打ち合わせのたびに、デザインやレイアウトの変更があったのですが、
そのたびに、悪戦苦闘していました。


以下はその時の、わたしの内心の叫びです。


「前回の打ち合わせどうりに、修正したのにどうして、また変更なの?」
「いったい、どこが気に入らないの。わけを聞かせて。」
「これだけ、たくさん平面レイアウトを提出しているんだから、早く決めてくださいよ。」


こんなかんじで、顔で笑って、心では泣いていました。


その上、クライアントからは


「○○○○に参考にしてほしい、お店があるから一度見てくれるかな。」
「×××××にある、お店のイメージにしたいから帰りにでも、寄ってみて。」


こんな要望もあり、合計4軒ばかり、実際に見に行ったのです。

でもね、この4軒。
わたしには、そんなにいいデザインには、思えなかったのです。

それに、4軒ともデザインが、まったく違っていたので、クライアントの意図するところが
全然わかりませんでした。




→ 次へ

インテリアデザイン講座
HOME
インテリアデザイン講座目次
 第1章 目次
 第2章 目次
 第3章 目次
 第4章 目次
 第5章 目次


第4章→  クライアントのタイプを見きわめよう初めてのクライアント|手探り段階のクライアント|経験豊富なクライアント
クライアントには考えさせるな企画型のプレゼンテーション

インテリアデザイン講座目次序章第1章第2章第3章第4章第5章あとがき
HOME作品紹介リンクについてサイトマップこのサイトについて

−Copyrights(c)2005 インテリアデザイン講座 All Rights Reserved−