今まで、誰も教えてくれなかった インテリアデザインのノウハウ

< 第4章 インテリアデザイン・プレゼンテーション編 > 3


◆店舗作りが初めてのクライアント 1



まず、はじめは「店舗作りが初めてのクライアント」の場合です。

このタイプのクライアントは、ほとんどの場合、共通点があります。
これ、なんだと思います?


それは、“期待と不安”


今まで経験したことのない、新しいことを始めようとする時は、
誰もがこの感情があります。
ちょうど学生から社会人になる時と、同じようなものです。


個人のクライアントの場合であれば

「脱サラして、自分の好きなように、商売してみたい。」

「ずっと夢だった、自分のお店を始めるぞ!素適なインテリアにして、
お客さんにたくさん来てもらおう。そうだなあ。インテリアはこんなのがいいなあ。」


また、法人のクライアントであれば

「我社の記念すべき第一号店!話題性のある店舗を作って、売り上げをのばすぞ。」
「商品には自信があるから、少しでも多くのお客様に購入してもらい、喜んでもらいたい。」

こんなワクワクするような、期待感。


ところが、それとは反対に

「お店を作るのはいいけど、一体いくらお金が必要なのだろう。どんなデザインにすれば、
お客さんが来てくれるのだろう?」

「もし、売り上げが伸びなかったら、どうしよう?」
こんな不安も、同居しているのが普通です。

こういうクライアントに対しての、プレゼのコツは


“不安”を解決して、安心させてあげる事です。


お店を作る事に関しては、まったく初めての経験ですから、どうしても期待より不安が
大きくありがちなもの。その不安を取り除くような、プレゼをすれば大丈夫です。

この不安の中で、特に大きくのが、予算(コスト)の事。

たぶん、このタイプのほとんどのクライアントが、一番気にしていることです。
クライアントが用意できる予算の範囲でなければ、めでたくデザインの開始になるかは
疑問ですから。

まずは、


予算にたいする、不安を取り除いてあげる事が必要です。


このためには、クライアントとの最初の打ち合わせの時に、どのくらいの予算を
予定されているのか、それとなく聞きだしてみるのも、ひとつの方法です。

「最初に、ほぼ予算がわかっていれば、出来るだけ、それに沿ったデザインを
ご提案できるのですが。」

こんな、質問でもいいですから。




→ 次へ

インテリアデザイン講座
HOME
インテリアデザイン講座目次
 第1章 目次
 第2章 目次
 第3章 目次
 第4章 目次
 第5章 目次


第4章→  クライアントのタイプを見きわめよう|初めてのクライアント|手探り段階のクライアント経験豊富なクライアント
クライアントには考えさせるな企画型のプレゼンテーション

インテリアデザイン講座目次序章第1章第2章第3章第4章第5章あとがき
HOME作品紹介リンクについてサイトマップこのサイトについて

−Copyrights(c)2005 インテリアデザイン講座 All Rights Reserved−