今まで、誰も教えてくれなかった インテリアデザインのノウハウ

< 第4章 インテリアデザイン・プレゼンテーション編 > 2


◆クライアントのタイプを見きわめよう



(*クライアントとは、あなたにインテリアデザインを依頼するお客さんの事です。)

プレゼンテーション(以下、プレゼで表記)を成功させるためには、クライアントの事を知ることです。

どんなクライアントなのか、わからなくては、お話になりませんし、
効果的なプレゼも出来ません。

実際にお会いしてみると、様々なクライアントがおられる事に気がつくはずです。
全てのクライアントが、これに、あてはまるとは限りませんが、
おおまかに、下記の三つのタイプに分けることが出来ると思います。

まず、最初の打ち合わせの段階で、あなたのクライアントが、
どのタイプなのかを見きわめる事が必要です。



1. 店舗作りが初めてのクライアント

 (今までに、店舗に関しての経験が無く、全ての事が未経験のクライアント)


2. 店舗作りが、まだ試行錯誤の段階のクライアント

 (商品、サービスの実績があるが、店舗作りのノウハウは蓄積中か、試行錯誤の段階)


3. 店舗作りが、経験豊富なクライアント

 (商品、サービスの実績もあり、店舗作りも、十分なノウハウがある)



クライアントのタイプが違えば、プレゼに要求される事も違ってきますので、
いつも同じプレゼをしていては、クライアントの了解をいただくことは、むずかしくなります。
必ず、タイプ別のプレゼを心がけましょう。

では、それぞれのクライアントのタイプに合ったプレゼについて。




→ 次へ

インテリアデザイン講座
HOME
インテリアデザイン講座目次
 第1章 目次
 第2章 目次
 第3章 目次
 第4章 目次
 第5章 目次


第4章→  クライアントのタイプを見きわめよう|初めてのクライアント手探り段階のクライアント経験豊富なクライアント
クライアントには考えさせるな企画型のプレゼンテーション

インテリアデザイン講座目次序章第1章第2章第3章第4章第5章あとがき
HOME作品紹介リンクについてサイトマップこのサイトについて

−Copyrights(c)2005 インテリアデザイン講座 All Rights Reserved−