今まで、誰も教えてくれなかった インテリアデザインのノウハウ

< 第3章 インテリアデザイン・プランニング編 > 6


◆クライアントは神様? 1



インテリアをデザインするためには、あたりまえの事ですがクライアントから、
あなたにデザインの依頼がなくては始まりません。

クライアントからの依頼がなければ、デザインどころか、会社はあなたの給料も
払うことが出来ません。


そうです。

クライアントは神様です。

神様のおっしゃることは絶対。

要望は全て、聞いて、デザインすべきです。

・・・・・・と、言いたいところですが、これは、大変な誤解。


ほんとうに、クライアントの要望を、100パーセント全て聞いて、
いいデザインが出来るでしょうか?

クライアントの要望は、本当にクライアント自身が、確信を持っての事なのでしょうか?

これをよく考えておかないと、デザインの作業がスムーズに、進まないことがあります。


実は、わたしは、20代中頃までは、

クライアント=とっても大切なお客様=少しでも反論してはいけない。

こう考えて、仕事をしていました。クライアントが、お金を出してくれるわけですから、
要望を全て聞いて当然だと思っていました。
要望を全て取り入れて、デザインするのが、わたしの仕事だと思っていました。

クライアントの意見に反対すれば、会社にクレームが来て、
大変な事になるんじゃないかとも思っていました。

でも、ある時これはたいへんな間違いだと、気がついたのです。

これに気が付くまでのわたしは、クライアントからの要望は全て、
デザインに盛り込んでいました。

時々、


「あまり良いとは思えないけど、クライアントの要望だから、デザインの変更も仕方ない。」
「こんなデザインにすると、いいお店にはならないのになあ。」


と、時々疑問をもちながら、多少無理な事でも、何とか工夫してまとめてきました。

その結果どうなったと思います?

そうです。
あなたのご想像どうり“いいデザイン”とは言えないインテリアとなってしまうのです。
出来上がってしまってから、やっぱり後悔してしまうのです。


では何故、クライアントの要望どうりにデザインすると、うまくいかないのでしょうか?




→ 次へ

インテリアデザイン講座
HOME
インテリアデザイン講座目次
 第1章 目次
 第2章 目次
 第3章 目次
 第4章 目次
 第5章 目次


第3章→  クライアントの要望施工現場のチェックプラスからマイナスに考える|クライアントは神様?
コンセプトについて〜になったつもり・その1その2その3その4忘却メモ

インテリアデザイン講座目次序章第1章第2章第3章第4章第5章あとがき
HOME作品紹介リンクについてサイトマップこのサイトについて

−Copyrights(c)2005 インテリアデザイン講座 All Rights Reserved−