今まで、誰も教えてくれなかった インテリアデザインのノウハウ

< 第3章 インテリアデザイン・プランニング編 > 5


◆プラスからマイナスに考える



インテリアのデザインを始める時は、


“プラスからマイナス“


に考える事が必要です。

“マイナスからプラスはダメ!”です。

「それ、一体何のこと?」

別に、なぞなぞをしているわけではありません。


最初デザインするときは、遠慮なくあなたのアイデアを、デザインに盛り込むことから、
始めるという事です。他の事は、とりあえず後回しにしても、
まず、この事が一番大切です。

まずは、クライアントの要望である、インテリアのイメージとか予算はひとまず、
別のところに置いておいて、あなたのイメージをたっぷり、膨らませてみる事です。


「だって、たった今、クライアントの要望をきちんと聞くべきって、言ったじゃない。」
「それに、施工現場の確認も必要だって。」


ええ、ごもっともな、ご意見です。


要するに、順番の問題。

あなたのイメージを膨らませるのが、1番目。
クライアントの要望を考えながら、それに近ずけていくのが、2番目。
そして、3番目が、現場の実測に基ずいたデザインの調整です。


この順番を間違えてはいけません。


最初は、思いっきりプラスの方法に針をふって、その次にクライアントの要望に
沿うように、無駄なところや予算を考えて、少しずつマイナスしていく事。
そして、現場でうまく納まるように調整することです。

最初から、クライアントの要望を最優先すると、いいデザインが出来ません。
あなたのオリジナリティーが発揮されません。

でも、誤解しないでくださいね。

最初にアイデアに制約をかけてしまうと、こじんまりとしたデザインしか出来ないという
意味ですから。けっしてクライアントの要望を、大切にしなくていいという
事ではありません。
あくまで、インテリアをデザインする時の順番です。


一番最初は、おもいっきりダイナミックに行きましょう。


余計なものは、後から削っていけばいいんです。
後から、削っても、最初に考えた、あなたのオリジナリティーは必ずデザインに
反映されて、残っているはずです。

よく、“取って付けた”ようなデザインって、耳にする事がありますが、
これは最初に与えられた条件を気にするあまり、制約された、こじんまりした
デザインからスタートした場合によくあります。

巷で言われている建売住宅のようなイメージでスタートしたデザインが、
いきなりアイデアがふんだんに盛り込まれた、すばらしい住宅になりっこありません。
そんなことは全然無理な相談です。

スタートがデザイン性を考えられていない住宅では、せいぜいクロスを選びなおしたり、
家具をグレードアップさせるくらいが、限界になってしまいます。

それでは、いいインテリアデザインへの飛躍はありません。
クライアントも、そんなデザインを望んでいませんし、あなたがデザインする意味が
ありませんね。

最初は必ず、あなたのアイデアを盛り込んだデザインから、スタートしましょう。
その後で、クライアントの予算や細かい要望に、対応すればいいのです。
結局、この方がクライントもあなたも、納得できるデザインに仕上がるのです。

うまく、伝わっていますか?

「マイナスからプラス」じゃなくて

「プラスからマイナス」ですよ。




→ 次へ

インテリアデザイン講座
HOME
インテリアデザイン講座目次
 第1章 目次
 第2章 目次
 第3章 目次
 第4章 目次
 第5章 目次


第3章→  クライアントの要望施工現場のチェック|プラスからマイナスに考える|クライアントは神様?
コンセプトについて〜になったつもり・その1その2その3その4忘却メモ

インテリアデザイン講座目次序章第1章第2章第3章第4章第5章あとがき
HOME作品紹介リンクについてサイトマップこのサイトについて

−Copyrights(c)2005 インテリアデザイン講座 All Rights Reserved−