今まで、誰も教えてくれなかった インテリアデザインのノウハウ

< 第3章 インテリアデザイン・プランニング編 > 3


◆クライアントの要望をしっかり把握しよう



(*クライアントとは、あなたにインテリアデザインを依頼するお客さんのことです。)

クライアントの要望。

これは、わかりやすいですよね。

一体クライアントは、どんなインテリアデザインを求めているのかです。
クライアントの求めていないものを、デザインしても意味がありませんから、
最初に、きちんと捉えておかなくてはなりません。

クライアントと打ち合わせすることによって、


「今度、20代のヤング向けに、レストランを改装したい。」
「熟年の女性のために、高級ブランドのブティックをオープンしたい。」
「工事の予算が厳しいので、ローコストでシンプルなインテリアにしたい。」


など、クライアントの具体的な要望があるはずです。

この要望には、きちんと応えるのが、デザイナーである私達の役割です。
時には、無理な要望もありますが、そんな時は、クライアントが納得できるように、
わかりやすく説明して、軌道修正することも必要になってきます。


ここで、気をつけることは、

打ち合わせの段階で、クライアントの要望を確認するための、いくつかのチェック項目を
作っておくと、わかりやすくなります。

具体的には、

<1.コスト(予算)について>

 ・ インテリア全般のコスト
 ・ サイン(看板)のコスト
 ・ ファサード(正面入口)のコスト
 ・ 外構にかかるコスト・・・・植栽、外壁などの外装にかかるコスト
 ・ 厨房器具にかかるコスト
 ・ 什器、備品にかかるコスト
 ・ 特別注文の家具などのコスト
 ・ その他

 *コストと一口に言っても、インテリア全般以外にも、相当な金額が必要となる
   場合がありますので、注意が必要です。


<2.デザインについて>

 ・ インテリア全般のデザイン
 ・ サイン(看板)のデザイン
 ・ ファサード、外構などの外部デザイン
 ・ その他の特別注文家具などのデザイン

 *インテリア以外の、サインや外部デザインの有無を、確認しておく必要があります。


<3.機能性について>

 ・ 厨房機器の選定とレイアウト
 ・ 収納スペースの確認
 ・ お客様、従業員の動線計画
 ・ その他、特殊な機能が求められる事柄


<4.スケジュールについて>

 ・ 工事着工日時
 ・ 工事終了日時
 ・ クライアントへの引渡し日時
 ・ 工事期間中の作業時間、資材搬入の経路
 ・ クライアント直接発注の工事の確認・・・・・インテリア全般の工事と関連がないか確認

<5.その他の要望事項>


以上の項目を、打ち合わせの時に確認しておけば、
クライアントの要望を聞き漏らす事はないでしょう。


当たり前のことですが、クライアントはデザインのプロではありません。
ほとんどのクライアントは、どんなインテリアにしたいかは、
漠然としたイメージしかないのです。

あるいは、予算のことで、頭がいっぱいでデザインはお任せという場合も
あるかもしれません。

ですからプロであるあなたに、はっきり目に見える形、インテリアとして
完成してほしいわけです。

そのためにも、特に最初の段階では、十分時間をかけてクライアントと
じっくり打ち合わせしましょう。

(*クライアントの要望を把握する事については、後ほど第4章で詳しく述べてあります。)




→ 次へ

インテリアデザイン講座
HOME
インテリアデザイン講座目次
 第1章 目次
 第2章 目次
 第3章 目次
 第4章 目次
 第5章 目次


第3章→  クライアントの要望|施工現場のチェックプラスからマイナスに考えるクライアントは神様?
コンセプトについて〜になったつもり・その1その2その3その4忘却メモ

インテリアデザイン講座目次序章第1章第2章第3章第4章第5章あとがき
HOME作品紹介リンクについてサイトマップこのサイトについて

−Copyrights(c)2005 インテリアデザイン講座 All Rights Reserved−