今まで、誰も教えてくれなかった インテリアデザインのノウハウ

< 第2章 インテリアデザイン・アイデア貯蓄編 > 2


◆アイデアスケッチ



いつも、アイデアが次から次に出てくる。アイデアを出すなんて簡単、簡単。
こんな人がいたら、うらやましいですね。

もし、あなたの近くにこんな人がいたら、ぜひわたしに紹介してください。
(弟子入りいたいと思いますので。)

でもやっぱり、アイデアをたくさん考えるのは難し〜い。

そこで、この章でのテーマは、アイデアを発想するのが、そんなに簡単でないなら
少しずつ蓄えてしまおう、です。
そう、お金を貯めるように、貯金するわけです。

アイデアスケッチについては、前にもお話しましたが、思いついたアイデアは
忘れないうちに、スケッチにしてどんどん書きとめておくことです。
書きとめたアイデアは、どんな小さくても、あなたの財産です。

ほら、思い出してください。

アレンジと組み合わせ。

この2つを使うだけで、1日に3つのアイデアでも、1ヶ月後には相当なアイデアが
生まれてきます。



ところで、
トーマス・エジソンって、ご存知ですよね。

発明王のエジソンのことです。
今、わたしのデスクに「エジソンの言葉」大和書房の本がありますが、
その中から、1つ紹介します。


『 目的をもって記録を取れ。
自分はメモ魔に徹したおかげで、命を救われたり
財産を築くことができた 』


エジソンは13才の頃から、手当たり次第に克明にメモするようになったそうです。
エジソンが書き残したメモは膨大な量にのぼり、
博物館や科学館に「エジソンコーナー」として、このメモが展示されているくらいです。

自分で不思議だと思った事や、おもしろいと思った事が書きとめてあるので、
エジソンの“興味のネタ”は尽きないわけです。

このメモを元にして、世の中に役立つものが出来ないか、もっと便利なものが
出来ないか、いろいろ考えて実験したそうです。

いろいろ考えてはメモして、実験してはメモして、これが全てエジソンの発想の
元になったのです。

私達が、日頃使っている白熱電球もエジソンの発明の1つ。

最初、この白熱電球の発光部分(フィラメント=光源)は、竹を細く加工したものが
使われていた事をご存知ですか?

しかも、この竹は日本の京都の竹だったそうです。普通は考えませんね。
電球に竹を使う事なんて。
しかし、エジソンはそんな常識にとらわれない発想で、電気で光る電球を作り出したのです。


エジソンの発明のネタも、実はこのメモ。


このメモが無かったら、たぶんエジソンの発明の数々は生まれてこなかったのです。
私達は、ずいぶんエジソンの発明の恩恵にあずかっているのです。


そして、この克明なメモは、裁判で「発明をまねされた」と訴えられた時に、
エジソンのオリジナルを証明する、重要な証拠にもなったのです。
このメモが、エジソンの発明だけでなく、生活を守ってくれたわけです。

このメモ、アイデアスケッチと共通していませんか?

別に、エジソンのような偉大な発明家を、目指すわけではありませんが、
アイデアスケッチは、デザインという仕事を助けてくれる、貴重なものになるはずです。




→ 次へ

インテリアデザイン講座
HOME
インテリアデザイン講座目次
 第1章 目次
 第2章 目次
 第3章 目次
 第4章 目次
 第5章 目次


第2章→  アイデアスケッチ|1つ自分の得意ジャンルをもとうお気に入りのスクラップブック実際に体験するのが一番

インテリアデザイン講座目次序章第1章第2章第3章第4章第5章あとがき
HOME作品紹介リンクについてサイトマップこのサイトについて

−Copyrights(c)2005 インテリアデザイン講座 All Rights Reserved−