今まで、誰も教えてくれなかった インテリアデザインのノウハウ

< 第1章 インテリアデザイン・アイデア発想編 > 7


◆常識にとらわれない 1



普段、仕事をしているときは、社会人としての常識、社員としての常識を求められますが、
アイデアを考えるときは別です。

スイッチを180度、切り替えなくてはなりません。アイデアを考えるときの、
ちょっとしたコツは常識にとらわれなことが大切です。


これ、言葉では簡単ですが、いざ、やろうとすると、なかなか難しいのがほんとのところ。
知らず知らずのうちに、常識という枠の中で考えてしまう癖が、
誰でもついているものです。
常識にとらわれないようにと、考えているだけでは、なかなかうまくいきません。


すばらしくて、いいアイデアを考えようとすればするほど、つまらないアイデアしか
思いつかない。こんな経験ありませんか?

でも、こう考えると、わかりやすいんです。


“非常識に考える”  “非・常・識・に”


この言葉を、アイデアを考える前に、ポーンと頭の中に入れておくと、いろいろ
アイデアが浮かんでくるものです。
非常識に考えるっていうのは、以外と効果があります。

そうそう、それと、


“いいアイデア”と考えるより、“おもしろいアイデア”


でと、考えると、同じように効果があります。

“いいアイデア”を考えようとすると、なぜか優等生的なアイデアしか
浮かんできませんが、“おもしろいアイデア”と考えると、固定観念の枠が外れて、
ちょっと変わったアイデアがいろいろ浮かんできます。

これは、ある会社で、社員半分ずつに、それぞれ“いいアイデア”と
“おもしろいアイデア”を募集したところ、圧倒的に“おもしろいアイデア”の方が、
使えるアイデアが集まったという実例もあります。

最初は、


“非・常・識・に”   “お・も・し・ろ・い”


これです!

例えば、住宅の例で考えてみましょうか。

あなたは、住宅と聞いて、どんなイメージが浮かびますか?

きれいに塗装された壁で、ちょっとシャレタ窓があって、システムキッチンがあって、
部屋の床には、大理石やカーペットが敷いてある家でしようか。
それとも、雑誌に載っているような、シンプルなモダンデザインの家でしょうか。

でもこんな、おもしろい住宅があってもいいと思いませんか?




→ 次へ

インテリアデザイン講座
HOME
インテリアデザイン講座目次
 第1章 目次
 第2章 目次
 第3章 目次
 第4章 目次
 第5章 目次


第1章→  アイデアが浮かんだら即スケッチアレンジ発想法|常識にとらわれない|アイデアの組合せ
こまぎれ時間を活用しようある時、突然のヒラメキ

インテリアデザイン講座目次序章第1章第2章第3章第4章第5章あとがき
HOME作品紹介リンクについてサイトマップこのサイトについて

−Copyrights(c)2005 インテリアデザイン講座 All Rights Reserved−