今まで、誰も教えてくれなかった インテリアデザインのノウハウ

< 序 章  インテリアデザイン講座 > 8


◆この講座の構成について

この講座は“いいインテリアデザイン”をどうして作るのか、
そのノウハウについて解説してあります。

最初から順番に読んでいただけば、理解できる構成となっていますが、
各章がどのような内容で書かれてあるのかを、最初に知っていただければ、なお理解が深まると思いますので、大まかに各章の概要をお話しておきます。


<第1章 インテリアデザイン・アイデア発想編>は、

インテリアデザインをデザインするためには、デザインの元になるアイデアが必要です。
この章では、このアイデアを、どのようにして発想すればいいのか、その方法を
いくつか紹介しています。

普段のデザイン作業のかたわら、無理なく実践できる方法ですので、
気軽に始めてみてください。


<第2章 インテリアデザイン・アイデア貯金編>は、

デザインのためのアイデアは、いつも湯水のごとく出てくるものではありません。
デザインの度にアイデアを、まったく新しく、ひねり出していては時間もかかり、
効率的ではありません。

そこで、普段からアイデアを少しずつ蓄えておけば、いざという時に役立ちます。
この章では、そんな時に備えて、お勧めの方法をいくつか紹介しています。


<第3章 インテリアデザイン・プランニング編>は、

デザインを始めるにあたって、どんな事に気をつければいいのか。
あるいはインテリアデザインをどのように、まとめればいいのかを述べてあります。

ただ、やみくもにデザインを始めても“いいデザイン”として、まとめるのには
苦労するものです。実施設計にあたって、迷たり困った時はこの章を思い出してください。
きっと、参考になるはずです。


<第4章 インテリアデザイン・プレゼンテーション編>は、

デザインして、実際にインテリアとして作り上げるには、依頼者であるクライアントの
了解をいただかなくてはなりません。

いくら、あなたが、すばらしいデザインを考えてもクライアントの了解なしには、
インテリアデザインとして実現しません。

そこで、どんなプレゼンテーションをすれば、有効的なのかをクライアントのタイプ別に
述べてみました。
一度のプレゼンテーションで、確実に了解をもらえる、ちょっとしたコツがありますので、
参考にしてください。


<第5章 インテリアデザイン・施工編>は、

インテリアデザインは、デザインして実施図面を書き上げただけで、
終わりではありません。実際にインテリアデザインとして完成して、
どんなインテリア(空間)になったかが重要です。

この章では、施工を通じて今後どのようにして、あなたのデザインを
スキルアップしていけばいいのかを述べてみました。




→ 次へ

インテリアデザイン講座
HOME
インテリアデザイン講座目次
 第1章 目次
 第2章 目次
 第3章 目次
 第4章 目次
 第5章 目次


序章→  ごあいさつモチベーションについてアイデアとデザインの違い|この講座の構成について
インテリアデザイン講座目次序章第1章第2章第3章第4章第5章あとがき
HOME作品紹介リンクについてサイトマップこのサイトについて

−Copyrights(c)2005 インテリアデザイン講座 All Rights Reserved−