今まで、誰も教えてくれなかった インテリアデザインのノウハウ

< 序 章  インテリアデザイン講座 > 7


◆アイデアとデザインの違い 3

1度貼ったら、はがせないようなしおりでは聖書が読めなくなってしまいます。だから、
聖書をいためる事のないよう、何度も貼ったり、はがしたり出来る事が必要に
なってきます。

つまり、接着力が弱い専用のノリが必要なのです。
このノリが無くては便利なしおりも、ただのアイデアに終わってしまいます。
実際に私達が使える商品にはなりません。

そこで、このポストイットの発明者は、自分で何度も何度も、ノリの試作品を作って
試してみたのですが、なかなか、うまくいかず失敗の連続でした。

しかし、ある時テレビのニュースで、たまたま欠陥商品として紹介された、
接着力の弱いノリを知ったのです。試しに、その欠陥商品である、
そのノリで実験してみると、みごとな使用感。ついにポストイットの完成となったわけです。

つまり、


<アイデア+アイデアを製品にするための方法や技術
              +それを使う人が、楽しくて快適に使える工夫>
“デザイン”


携帯電話もポストイットも、インテリアデザインとは違いますがアイデアとデザインの
面からみると、まったく同じ考え方が出来るのではないでしょうか。


そこで、この講座では

<アイデア>・・・・ インテリアデザインする時のネタ。実際にインテリアとして
実現できるかどうかは別問題。自由でユニークな発想やイメージ。

一言で簡単に言うと、
現実性のない夢物語でもかまわない。


<デザイン>・・・・ アイデアを元にして作られた、実際に目に見える形、手で触れる事が出来る形あるもの。

実現させるためには、技術的な面、コストの問題、それを使う人の
快適性などの問題を解決して、実現可能なもの。

一言で簡単に言うと、夢物語でない現実的なもの。
           +
人が快適で、便利に楽しく使える工夫


こんな考えで、進めていきます。最初からちょっと、こむずかしい話に
なってしまいましたが、なに、簡単に考えればいいんです。

ユニークでおもしろいアイデアを、みんなが楽しく快適に使えるようにしたのが、
デザインと考えれば、わかりやすくなります。

もちろん、アイデアとして考えたものが、すぐデザインとして、
現実可能なものもあるはずです。アイデアとデザインを明確に分ける事が
出来ない場合もあるでしょう。

しかし、この講座では、わかりやすくするために、このように分けてみました。




→ 次へ

インテリアデザイン講座
HOME
インテリアデザイン講座目次
 第1章 目次
 第2章 目次
 第3章 目次
 第4章 目次
 第5章 目次


序章→  ごあいさつモチベーションについてアイデアとデザインの違いこの講座の構成について
インテリアデザイン講座目次序章第1章第2章第3章第4章第5章あとがき
HOME作品紹介リンクについてサイトマップこのサイトについて

−Copyrights(c)2005 インテリアデザイン講座 All Rights Reserved−