今まで、誰も教えてくれなかった インテリアデザインのノウハウ

< 序 章  インテリアデザイン講座 > 6


◆アイデアとデザインの違い 2

つまり、

<どこにでも、身近に持ち歩くことが出来る、手のひらサイズの電話のイメージ>
実現できるかどうかは別問題
これが “アイデア”


最初は、ハードウェアの技術的な裏付けがなかたので、今のような
手軽な大きさのものは、作る事が出来なかったわけです。

しかし、ハードウェアの問題がなくなり、技術的なハードルや、コスト、利便性、
その他もろもろの問題が解決され、ようやく今ある携帯電話の形になったのです。
そして、多くの人達が気軽に、それも手ごろな値段で、利用できるようになったのです。

今売り出されている携帯電話は、機能満載のものから形や色にこだわった、
いろんな種類のものがあります。
あまりにも多くのモデルがあるので、どれがいいのか、迷ってしまう事が多いものです。

つまり、

<イメージだけでなく、実際に私達の生活の中で、役立つもの、使ってみたいもの>
実現可能なもの
これが “デザイン”


これが、アイデアとデザインの違いなのです。


そうそう、携帯電話の他にも、皆さんが普段よく使っている事務用品の“ポストイット”
よく、メモを書いて机の上やパソコンのモニターの脇にペタペタ貼っている
とっても便利なアイテムです。

このポストイットもアイデアとデザインの、見事な取り合わせの例です。

そもそも、これが発明されたのは教会のミサでの事。
教会の神父様に合わせて、聖書を朗読しようとして、聖書をひもといた時が、
ポストイットの発明のきっかけになったのです。

ミサの時は、朗読するところが初めからわかっているので、信者の人は聖書に
“しおり”を挟んでおくわけです。

しかし、しおりを挟んであるところを開いた瞬間、しおりが床に落ちてしまうわけです。
(しおりは、ただの長方形の紙片)

今から、神様に向かって聖書を朗読しようとする時に、床に落ちたしおりを、みんなで
拾い集める事になると、とってもみっともない状況になります。

そこで、ポストイットの発明者はこう考えたのです。


<聖書を開いても落ちなくて、繰り返し、貼ったりはがしたり出来るしおりがあると便利>
“アイデア”




→ 次へ

インテリアデザイン講座
HOME
インテリアデザイン講座目次
 第1章 目次
 第2章 目次
 第3章 目次
 第4章 目次
 第5章 目次


序章→  ごあいさつモチベーションについてアイデアとデザインの違いこの講座の構成について
インテリアデザイン講座目次序章第1章第2章第3章第4章第5章あとがき
HOME作品紹介リンクについてサイトマップこのサイトについて

−Copyrights(c)2005 インテリアデザイン講座 All Rights Reserved−