今まで、誰も教えてくれなかった インテリアデザインのノウハウ

< 序 章  インテリアデザイン講座 > 5


◆アイデアとデザインの違い 1

何かトラブルが起こった時や、解決しなければいけない問題が発生した時には、よく

「みんなで知恵を出し合って、いいアイデアを考えてみよう。」

なんて事よくあります。でも、よく考えて見ると、この“アイデア”という言葉、すごく、
あいまいな言葉だと思いませんか?

試しに、“アイデア”それ自体の意味を、あなたの友人にわかりやすく説明しようとすると、
どうでしょうか?

どうです。なかなか難しいでしょ。

それに、この講座のテーマである“デザイン”

この“デザイン”という意味も、わかりやすく説明しようとすると、これまた、
なかなか難しいものです。


そして

“アイデア”と“デザイン”

この2つはどう違うのでしょうか?

お互いに、似通ったところもありそうだし、そうかといって、はっきり
区別できそうでもあるし。
なんだか抽象的でよくわからない。

そうですね、なかなか難しいものです。
アッ、失!それではいけません。

別に、あなたを困らせようとしているのではありません。

実は、この講座の内容をよく理解してもらうために、

アイデアとは一体どんなものなのか。
デザインとは一体どんなものなのか。


を、最初にはっきり区別して考えてもらうと、この講座の内容が、
わかりやすくなると思ったのです。


ですから、この講座の本題に入る前に、ちょっとアイデアとデザインについて
触れてみたいと思います。



では、わかりやすい例で考えてみましょう。

例えば、携帯電話はどうしょう。

今では、携帯電話はほとんどの人が常に持ち歩いている、なくてはならないツールと
なっています。家に置き忘れたりしたら、もう大変。

仕事になりませんし、友達とのコミュニケーションもとれませんね。
この携帯電話、本格的に普及し始めたのは、ここ十数年の事です。


ところで、初期の頃の携帯電話は、どんな形だったか、あなたはご存知ですか?

実は、大きな弁当箱2つ分くらいの大きさだったのです。専用のショルダーバッグが
あったくらいで、すこぶる不便で、はっきり言って、とてもじゃまでした。

持ち運びには不便で、とても“携帯”と呼べる代物ではありませんでした。
今では、想像も出来ませんが。


とはいえ、今の携帯電話は自然発生的にできた製品ではありません。
そこには必ずそれを、頭の中でイメージして、製品として作り上げようとした人達が
いるはずです。

・ 片手で簡単に操作できる、手のひらサイズの電話
・ ポケットに入れて、どこにでも手軽に持ち運べる、とっても軽い電話

こんなイメージからスタートしたはずです。




→ 次へ

インテリアデザイン講座
HOME
インテリアデザイン講座目次
 第1章 目次
 第2章 目次
 第3章 目次
 第4章 目次
 第5章 目次


序章→  ごあいさつモチベーションについて|アイデアとデザインの違い|この講座の構成について
インテリアデザイン講座目次序章第1章第2章第3章第4章第5章あとがき
HOME作品紹介リンクについてサイトマップこのサイトについて

−Copyrights(c)2005 インテリアデザイン講座 All Rights Reserved−